新規登録経営情報

2018年08月期登録された経営情報(265件)の詳細をご案内しております。

情報NO.
テーマ
1.経営相談Q&A/経営戦略/ゼロからいくらでも生み出せる!起業1年目のお金の教科書
20180347
0円でどこまでできるか試す
20180348
開業手続きは本当に必要になるまでしない
20180349
自分を動かすことにお金をかける
20180350
数字に命を吹き込む
20180351
正しく生きてやることを減らす
20180352
勉強をお金に変える
20180353
自分のお金の恐怖心をあらかじめ知る
20180354
覚悟できた分だけ投資する
20180355
自分に投資してもらう
20180356
まずは1円を稼いでみる
20180357
「相場」にしばられない
20180358
原価を気にしない
20180359
「お金がない」という言葉に惑わされない
20180360
お金が生まれる環境に身を置く
20180361
時間ではなく価値をお金に変える
20180362
売れるかどうかを「感情」でチェックする
20180363
代金を感謝で受け取る
20180364
価格を3ステップで決める
20180365
欲しい年商から逆算する
20180366
お客様の体験を大事にする
20180367
「安すぎる」と思いながら売る
20180368
値上げする理由を作らない
20180369
満足してくれる人を相手にする
20180370
幸せになったお客様をイメージする
20180371
次のお客様のためにお金をいただく
20180372
1つの商品に集中できる
20180373
高価格だけど、ぼったくらない
20180374
お金の使い道を提供する
20180375
人を救うために宣伝する
20180376
売上のために行動しない
20180377
早く「買わない」と言ってもらう
20180378
他人をお金だけで動かそうとしない
20180379
配分が1対9でも喜ぶ
20180380
広告は最後に使う
20180381
価値で人の心を動かす
20180382
払ってもらいやすい商品を持つ
20180383
取り分が減ってもスピードを重視する
20180384
契約書が必要ないメンバーで仕事する
20180385
自分が一番稼ぐ
20180386
お金以外のものを蓄積する
20180387
お金をつながりに変える
20180388
お金で何がしたいか明確にしている
20180389
稼いだ人に敬意を払う
20180390
お金持ちの定義を変える
20180391
税金を感謝して支払う
20180392
他人の評価から自由になる
20180393
お金の話もビジョンにつながっている
20180394
1億円でも受け取れる
20180395
他人の成功を喜ぶ
20180396
稼いでない自分も好き
1.経営相談Q&A/経営戦略/サプライチェーンマネージメント
20180506
サプライチェーン・マネジメントの構築事例/協力会社と共に
1.経営相談Q&A/人事・労務/人材育成(コミュニケーション力)
20180249
今、求められているのは「スピード」―最初の15秒で心をつかむ
20180250
その説明はなぜ「わかりにくい」のか?1
20180251
その説明はなぜ「わかりにくい」のか?2
20180252
その説明はなぜ「わかりにくい」のか?3
20180253
わかりやすい説明の三大要素とは
20180254
相手が求めていることは何か?
20180255
耳を傾けてもらえるトークとは?
20180256
つかみの技術1/「誰に」を意識する
20180257
つかみの技術2/「何を伝えるか」を絞る
20180258
つかみの技術3/「相手本位」に切り替える
20180259
つかみの技術4/相手の世界に飛び込む
20180260
テンプレップの法則とは
20180261
ステップ1/話のテーマを伝える
20180262
ステップ2の前に確認のひと手間を加える―ステップ・チェック法
20180263
ステップ2/言いたいことの「数」を伝える
20180264
ステップ3/話の要点・結論を伝える
20180265
ステップ4・5・6/「理由」「具体的な事例」「結論」を伝える
20180266
テンプレップの法則で話を整理してみよう
20180267
かみ砕く力には大きく分けて2つある
20180268
かみ砕く力ファーストステージ1/言葉を開く
20180269
かみ砕く力ファーストステージ2/英語・カタカナ語はNG
20180270
かみ砕く力ファーストステージ3/省略せず正確に
20180271
かみ砕く力ファーストステージ4/言葉をそろえる
20180272
それでも難しい言葉を使ってしまう理由
20180273
改めて、人はどのように言葉を理解するのか
20180274
かみ砕く力セカンドステージ1/相手を特定する
20180275
かみ砕く力セカンドステージ2/同じ心像を作る
20180276
かみ砕く力セカンドステージ3/スキーマを一致させる
20180277
相手が「再現」できるように説明する
20180278
何のための部下指導?目的のわかりにくい指示では人は動かない
20180279
「察してほしい」では通じない
20180280
雰囲気で伝えるのは、限界がある
20180281
「だから何?」と聞き返されないために
20180282
「よろしくお願いします」の落とし穴
20180283
まぎらわしい言葉がブレーキに
20180284
人を動かす表現の工夫1/具体的に行動できる動詞を使う
20180285
人を動かす表現の工夫2/形容詞&副詞は数字に置き換える
20180286
何も喋らずに相手を動かす
20180287
女性へのお願いは感謝→要望の順番で
20180288
注意するときのコツ―ダメ出しは後に引かないように、が鉄則
20180289
説明が長くなってしまうのはなぜ?
20180290
認識のズレを埋める
20180291
過不足なく説明するには
20180292
メールは1行でもOK―用件が押さえてあれば、短くても伝わる
20180293
ちゃんと書いても伝わるとは限らない
20180463
要点から逃げると、文章は長くなる
20180464
「1ページ・1ライン法」でエッセンスを絞り込む
20180465
文章の密度を高める「3つの中のベストワン」
20180466
本音と建て前を見抜く「ジキル文」と「ハイド文」
20180467
要約文は40字にまとめる
20180468
吹き出しで「気分」を残す
20180469
文章の伝わりやすさをネット翻訳でたしかめる
20180470
なんでもタイトルをつけてみる
20180471
「方向指示器」をつけながら、いっきに書く
20180472
いっきに書いた文章をいっきに削る
20180473
書き出しは『桃太郎』で
20180474
「早い話が」で、早く伝わる話にする
20180475
「とにかく大変だった」で相手の興味をかき立てる
20180476
相手本位の順番で書く
20180477
相手が「何を得するか」で文章を組み立てる
20180478
指摘されやすい文法・敬語をマスターする
20180479
小学校4年生にも伝わる言葉を選ぶ
20180480
自分の定義でオリジナリティを出す
20180481
すべての文章を「ラブレター」だと思って書く
20180482
絵文字の代わりに「ラポート・トーク」を添える
20180483
「やんわり語」をやめる
20180484
風通しのいい文章を書く1/文章に番号を振る
20180485
風通しのいい文章を書く2/文章をセンター合わせにする
20180486
風通しのいい文章を書く3/文章の色で、風通しをチェックする
20180487
最初と最後の文を呼応させる「サンドイッチ文」
20180488
カギカッコを効果的に使う
20180489
"リズム"がいい文章は、短く伝わる
20180490
声を出しながら書き進む
20180491
Q&Aで読み手に頭を使わせる
20180492
「メモ力」をつけるトレーニング
20180493
「道順を教える力」をつけて、「要約力」を鍛える
20180494
小学校の算数の問題を写してみる
20180495
徹底的にアウトプットする
20180496
自分専用の「名文ノート」をつくる
20180497
ラジオから言葉を拾う
20180498
企画・提案書はプレゼンを想定して書く
20180499
エントリーシートは、企業と同じ方向を向いて書く
20180500
手紙は、四部構成で書く
20180501
お詫び文では、お詫びできない
20180502
礼状は、場面を描く
20180503
メールは「業務優先」と割り切ろう
20180504
SNSは「大勢の中のあなた」に向けて「肉体語」で書く
20180505
キャッチコピーは「特定の個人に届く言葉」を選ぶ
1.経営相談Q&A/人事・労務/面倒なやりとりがシンプルになる仕事のコツ48
20180201
「よかれと思ってやる」のをやめる
20180202
伝言メモやハガキの「手書きコメント」をやめる
20180203
「すぐにやります!」をやめる
20180204
貧乏くじは爽やかに断る
20180205
説明は「手ぶら」で勝負する
20180206
いちいち「会いにいかない」
20180207
おたがいのために1回ですませる
20180208
人に振りまわされない
20180209
何があっても「結論」から伝える
20180210
交渉は"スパッ!"とすませる
20180211
多少迷っても"スパッ!"と言い切る
20180212
効率を追求するときほど"冷たい言葉"を使わない
20180213
「事実」と「意見」を分けて話す
20180214
「あいまいさ」を消す
20180215
数字で語る際は「分母」と「分子」をはっきりさせる
20180216
サクッと「相関係数」を持ち出す
20180217
「ちなみに」という言葉を使わない
20180218
「箇条書き」で書く
20180219
報告は「ていねい」より「拙速」に!
20180220
こんなときは、「SOS」を出す
20180221
「SOS」は早めに伝えれば問題ない
20180222
仕事は「定型化」しておく
20180223
お願いする際は「仕上がりは70点」で十分と考える
20180224
言いにくいお願いは「状況説明」から入る
20180225
「5W1H」で"行き違い"と"やらされ感"を防ぐ
20180226
快く引き受けてもらえる関係をつくる
20180227
お願いした翌日に声をかける効果
20180228
もっと効果的に「感謝」を伝える
20180229
「その後の顛末」も共有する
20180230
夜間と休日にメールをしない
20180231
メールの返信は、読む前?読んでから?
20180232
文章入力は「2文字」で!
20180233
いつものメールを0秒で
20180234
メールは「声」で打つ!?
20180235
ワードもパワポも声で打つ!?
20180236
「マイテンプレート」をつくっておく
20180237
会議室の予約は「フライング」で!
20180238
仕事中は、基本的に座らない
20180239
集中できる環境を自らつくる
20180240
「なるべく早く」を禁句にする
20180241
「潜在的なスキマ時間」まで使い尽くす
20180242
即レスの人は「自分をノセる」方法を知っている
20180243
即レスの人は「ま、いいか」を心がけている
20180244
即レスの人は先に「自分の意志」を示す
20180245
即レスの人は「面倒なこと」ほど"今"やる
20180246
即レスの人は「瞬発力」にこだわる
20180247
即レスの人は「残業代」に執着しない
20180248
即レスの人は「仕事より大切なもの」を持っている
1.経営相談Q&A/人事・労務/短時間で高い成果を上げる「高密度仕事術」
20180397
高密度仕事術で「人生が変わった!!」Sさんの実例
20180398
残業しても成果が出せない田中さんのケース
20180399
ステップ1/成果を左右する「価値ある仕事」に注力する
20180400
ステップ2/時間に制限をかけて、良い緊張感をつくる
20180401
ステップ3/重要な仕事を「朝」やると、生産性が高まる
20180402
ステップ4/「なくす、減らす、任せる」で総量を圧縮する
20180403
ステップ5/仕事のプロセスを根本から変える
20180404
スキル1/ゴールから逆算して最短ルートを進む
20180405
スキル2/「明日でもいい仕事」は、後回しにする
20180406
スキル3/限りあるエネルギーを一点に使う
20180407
スキル4/もう緊急対応で時間を奪われない!
20180408
スキル5/先延ばしを防いで、心穏やかに仕事を完了させる
20180409
高密度PDCAを回すと、改善は続きやすくなる
20180410
改善をより深めるためのケーススタディ
1.経営相談Q&A/販売・サービス/売上が伸びる話し方
20180294
関心を持つことは、最高のおもてなし
20180295
ただ、まっすぐに知る
20180296
歯のチラ見せキープが、相手の心をぐんぐん開く
20180297
ウケを狙う必要はない
20180298
その雑談じゃ、もったいない
20180299
たったこれだけ!話を聞く際に、相手に向ける3つのポイント
20180300
自分の話すことばかり考えてしまうのは黄色信号
20180301
話が終わったら「楽しかった」と言ってもらえる人
20180302
この人だから話したい!
20180303
「聞く」ではなくて、「聴ききる」
20180304
話を広げるのではなく、深める
20180305
出来事は「それで?」と聞くだけで、続きを話してくれる
20180306
一歩踏み込むと相手との距離が縮まる
20180307
話を踏み込むとき、踏み込まないときの判断の仕方
20180308
沈黙は、心地よさを高める栄養素
20180309
沈黙が苦しいときの対処法
20180310
疑問点は素直に聞いてみる
20180311
表情や声のトーンもカメレオンのように
20180312
同調できないときは無理をしなくていい
20180313
10文字前後の聞き方のバリエーションを増やす
20180314
話を聞きながらメモを取るときの注意点
20180315
現在・過去・未来の視点で質問をすると相手のことをよく知れる
20180316
相手の「過去」を知れば、価値観や考え方が8割わかる
20180317
「ただ知る」ための質問が関係を深める
20180318
聞きたいことは一口サイズの質問から
20180319
個人的な質問をすると、一気に気持ちの距離が縮まる
20180320
相手の抽象的な言葉は、質問で具体的に
20180321
これって、質問していいのかな?と思ったときの切り出し方
20180322
脱!  尋問のような質問
20180323
要望が多いお客様には、優先順位を決めてもらう
20180324
要望がまったくないお客様を相手にするのは時間の無駄!?
20180325
何を考えているのかわからない
20180326
相手との距離を縮め、思いを高める質問
20180327
相手の話したいことを見極める
20180328
自分は持っていない悩みへの共感の仕方
20180329
あいづちに強弱をつけると関心が伝わる
20180330
ネタ泥棒に注意
20180331
「and  you?」で、返す
20180332
共通点の見つけ上手は、打ち解け上手
20180333
「次はいつ会える?」と言ってもらえる
20180334
たくさんよいところを伝えるときの公式
20180335
もう一度、ボソッとほめる
20180336
他者のいいところを聞いたときの対応法
20180337
お客様に差し上げるもの
20180338
いつも話が盛り上がらなくてもいい
20180339
本音はきっとすぐには言ってくれないと心得る
20180340
「なぜ」にはその人の思いが隠されている
20180341
「NO」には、「そこをなんとか」よりも、「そうですか」よりも
20180342
ムッとしてしまったことを言われたときの受け止め方
20180343
「あの人、苦手」の気持ちが小さくなっていく問いかけ
20180344
「あの人は嫌い」よりも、「あの人は合わないかもしれない」
20180345
別れた後には
20180346
頑張っているときこそ心が喜ぶ甘やかしを自分にプレゼントしよう
1.経営相談Q&A/販売・サービス/お金をかけずに5倍売れる  儲かる売り場の全技術
20180190
儲けの鉄則1/売れる商品を売る
20180191
儲けの鉄則2/売れる客に売る
20180192
儲けの鉄則3/売れる場所で売る
20180193
儲けの鉄則4/賑わい感をつくる
20180194
ゾーンニング1/誘導する
20180195
ゾーンニング2/組み合わせる
20180196
陳列法1/目立たせる
20180197
陳列法2/選びやすくする
20180198
陳列法3/イメージさせる
20180199
プロの仕事1/ロスをなくす
20180200
プロの仕事2/確実に売る